便秘とマッサージ

便秘とマッサージ

便秘と座薬

頑固な便秘で悩んでいる人は病院で薬をもらうこともあるでしょう。内服薬
は腸の内部から、排便を促してくれるものです。しかし、それでも効果がな
ければお尻から直接入れる座薬を処方されることもあります。
肛門から座薬を入れると腸が刺激されます。座薬は腸の熱によって溶けるよ
うになっているために保管は冷蔵庫に入れることになります。
座薬の成分には薬と一緒に炭酸ガスが入れられています。炭酸ガスが腸を刺
激します。刺激によって、腸の蠕動運動が活発になるのです。蠕動運動が起
きれば排便はそれほど難しくありません。効き目は個人差がありますが、使
用してからおおよそ1 時間以内に効いてくるようです。
また、肛門に直接入れることから、胃腸に対する副作用などの心配はありま
せん。しかし、気を付けなければならないのは習慣性です。何度も使用して
いると効果が落ちてくるのです。
また、腸が自然な蠕動運動をするための機能が低下してしまうことにもなり
ます。即効性がありますから、気軽に使いたいと思うかもしれません。しか
し、使用には注意が必要なのです。
まずは薬を使わない解消法を試してみることが大事です。それでもどうして

も駄目な場合に座薬を使用するようにしましょう。また、便秘が慢性化して
いるのであれば、他の病気の可能性もあります。
一度病院で相談する方がいいでしょう。あまり、自分で判断していると逆効
果になってしまうこともあるのです。便秘は体が発している危険信号と思っ
てください。
便秘と座薬